Construction of Public Facilities 公共施設の環境整備

“大切な故郷を育む”ために、“オフィス環境”と“学校教育”の視点から、これからの公共施設づくりをご提案いたします

 人と暮らしをつなぐ場としての公共施設。
地域の風土や歴史、文化を織り交ぜて、
なによりも利用する人々にとって
“機能的で居心地がいい”
そんな空間づくりを、
私たちの視点でご提案します。
人と暮らしをつなぐ公共施設

公共施設づくりに大切なオフィス環境整備プロジェクトマネジメント

 これからの公共施設の環境づくりには、現状の課題解決、使い勝手やニーズ、業務・運用の調査分析、優先順位を検討するといった要件整理が必要です。この整理された要件を建築設計に反映させることで、目的にあった機能的で使いやすい施設計画が可能となります。
 さらに立業された施設計画を確実に実行するためには、什器備品計画や移転計画を含めた総合的なプロジェクトマネジメントが重要です。

故郷の大切な公共施設づくりのお手伝いをしています

建築家具工事・什器備品納入の実績紹介
  • ●柏崎市文化会館 アルフォーレ (平成24年4月)

  • ●柏崎市立博物館 プラネタリウム (平成30年3月)

  • ●柏崎市立第五中学校 (平成29年10月)

  • ●柏崎市立北条小学校 (平成25年10月)

  • ●刈羽村村議会場 (平成28年4月)

公共施設の環境整備に関するお問い合わせはこちら
このページのトップへ